どんな病院?

院長挨拶

ハートあるおつきあい

皆さん、こんにちは。

 ユニベッツ福岡の院長・青木芳秀です。 獣医師として働き、早三十数年が経ちます。 思い起こせば、「動物を助けたい」という単純な動機でこの道に入りました。

 動物からの無垢な愛情をもらい続け、今改めて思うことは、昔の気持ちはより一層強くなっているということでした。 動物は不思議なもので、人をとても素直な気持ちにさせてくれる生き物ですね。 長年培ってきた知識と経験を基に、人と動物の関係を良くするため、 これからも「ハートあるおつきあい」を合言葉としていきたいと思います。

 当院のこれまでのあゆみは皆様の温かいご支援と当院を支えるスタッフの情熱があってこそです。 今後は、ささやかではありますが、地域社会の医療・福祉や公衆衛生の向上に貢献する思いであります。 皆様に支えられているという思いをエネルギーとして益々頑張ってまいりますので、今後とも、変わらずユニベッツ福岡をご支持くださいますようお願い申し上げます。

動物総合病院ユニベッツ福岡
院長 青木 芳秀

当院の特色

ユニベッツ福岡では欧米などを中心に開催される世界獣医大会に積極的に参加しており、日々進歩していく医療技術を取り入れております。また、医療行為はもちろん、飼い主と動物の信頼を深めるため、当院スタッフには懇切丁寧な説明を務めさせております。

3つの治療理念

動物にとって「より少ない苦痛」を合言葉に、的確な診断と適切な処置を行います。 当院では特に、超音波診断や内視鏡診断等の画像診断に力を入れてます。

医学的に正しい処置であっても、飼い主様の処置に対するご理解がなければ治療に対する最大の効果は得られません。図や写真等を多用し、わかりやすい言葉で丁寧な説明を行うことに重点をおいています。

生き物である以上、命には“限度”があります。 どの質、レベルの治療を希望されるかは飼い主様が決められる権利であります。 医者の理論を押しつける事がないよう、動物の苦痛がわかる獣医師を育て、飼い主様の意思を尊重する医療を目指しています。 また、ペットをお預かりさせて頂く場合にも、ストレスなく快適に過ごせるよう常に病院を清潔に保っております。


ようこそ、ユニベッツへ

私たちは、皆様と動物との豊かな生活をサポートするお手伝いをさせていただきます。

院内1階 MAP

院内2階 MAP


病院概要

病院名 動物総合病院ユニベッツ福岡
病院長 青木 芳秀
所在地 〒816-0961 福岡県大野城市緑ヶ丘4丁目17-5
電話番号 (092)-595-1141
診療時間 平日 午前9:00~12:30 午後15:30~19:00 祝日 午前10:00~12:30 午後15:30~19:00
休診日 第1、第3日曜日、木曜午後
診療対象動物 犬、猫、鳥類、ウサギ、げっ歯類(ハムスター・モルモット等)、フェレット 等
事業内容 動物病院事業、以下
伴侶動物の一次診療(外科・内科)、美容・トリミング、フード販売、ペットホテル
スタッフ数 20名 (うち獣医師6名)  ※平成24年4月1日現在
駐車場 10台
クレジットカード VISA、MasterCard、AMEX、Diners、JCB、銀連

アクセス

動物総合病院 ユニベッツ福岡 〒816-0961 福岡県大野城市緑ヶ丘4丁目17-5 [地図を開く]

 

スタッフ紹介

院長  青木芳秀 

■ 院長経歴  
昭和52年3月  日本大学農獣医学部獣医学科卒業  
4月  東京品川の田中獣医科で勤務
昭和55年1月  渡米
昭和56年9月  カリフォルニア州立大学デービス校大学院修士課程入学
昭和59年3月  修士課程卒業
9月  東京中野にて青木アニマルクリニックを開院
昭和63年4月  九州福岡に転移し青木ペットクリニックとして開院、  
   現在に至る

副院長  青木美恵 

■ 副院長経歴  
昭和55年3月  麻布獣医科大学卒業  
6月  渡米
昭和56年3月  オハイオ州立大学院修士課程入学解剖学専攻
昭和56年9月  カリフォルニア州立大学デービス校大学院修士課程編入
   腎臓生理学、血液学を専攻
昭和59年3月  修士課程卒業
9月  東京中野にて青木アニマルクリニックを開院  
昭和63年4月  九州福岡に転移し青木ペットクリニックとして開院、  
   現在に至る

ユニベッツのスタッフ

ペットは心をあたためる、地域にもっと明るい笑顔

各手術・入院・治療・ペットホテル・シャンプー&美容

© 2017 動物総合病院 ユニベッツ福岡 UniVet Japan.    Powered by Motocle