症例一覧

犬の子宮蓄膿症(パイオメトラ)
 この記事のポイント 子宮蓄膿症は手術すれば治る すぐに手術しなければ、危険 症状が見られたらすぐに病院へ 子宮蓄膿症っぽいんですが・・・ すぐに病院に連れてきてください。手術が遅れるとワンちゃんの命に関わります。無事に手術することができれば完治できる病気です。ここから下の内容は読まずに、すぐに病院へ連れて行きましょう。 手術が怖いんですが・・・ 安心してください。ユニベッツは30年以上の臨床経験を持ち、毎年何頭もの子宮蓄膿症の手術を経験してきました。手術後数日の入院は必要ですが、最終的には完治して元気になって退院しています。手...
犬のしこり・腫瘍・癌
 この記事のポイント 手術、抗がん剤、以外の治療方法もある 取り切れない場合は、再発を抑える方法を選択する 極力生活の質(QOL)が維持できる方法を選択する ユニベッツには選択肢が多い 一口に「ガン治療」といっても、手術だけが治療法ではありません。  ・ 手術ができない腫瘍だと言われた  ・ 高齢だから/心臓が悪いから、麻酔がかけられない/かけるのが怖い  ・ すすめられた治療法を試すためのお金が用意できない  ・ どうしても長生きしてほしい  ・ あきらめかけているけど痛みだけでも軽くしてあげたい・・・ それぞれの飼主...
犬の椎間板ヘルニア(ヘミラミ)
 この記事のポイント 治る可能性をあげるには、早く治療すること 低グレードでも、急に悪化することも 再生医療(幹細胞療法)も効果が高い 椎間板ヘルニアと診断されたら 椎間板ヘルニアは、症状の重症度によって「グレード1~5」に分類されます。グレードは臨床症状(診察で獣医が診てとれる状態)から分類されます。低いグレードだからといって必ずしも手術しなくてよい、というものではありません。MRIや脊髄造影によって、変形した椎間板の部位や方向、脊髄圧迫の程度を画像診断できます。画像診断と臨床症状を併せて、獣医師は手術すべきかどうか診断します。 獣...
犬の去勢手術
 この記事のポイント 手術は1泊2日、2日目の朝に退院 去勢後は太りやすいので注意 去勢手術費用の目安 手術って怖い!? 手術、と聞くと怖い、痛い、という印象を持たれているかと思います。 ユニベッツでは可能な限り痛みを小さく出来る方法や、麻酔をかける時間を可能な限りに短くする方法を選択し、動物に与える痛みや苦しみを小さくする努力を日々研鑚しています。痛みや苦しみを小さくすることを医療用語では「低侵襲医療」と呼び、ユニベッツにおける医療方針の大きな柱のひとつとなっています。 去勢手術そのものにかかる時間は5分~15分ほどです。...
犬の乳腺腫瘍・しこり
 この記事のポイント 手術以外の治療方法もある できるだけ早く治療開始することで、回復も早く予後も良い 手術後は、再発がないかよく観察する必要がある 犬の乳腺腫瘍の症状、検査方法、治療法 乳腺の腫瘍は、最初は乳首周辺に固いしこりのようなもので現れます。早期発見するには普段からよく犬のお腹を触ってあげることが重要です。避妊していない女の子に多い病気ですが、男の子でも発症することがあります。 そのままにしておくと次第に大きくなり、進行しすぎると腫瘍が皮膚を破って汁(滲出液)が出始めることがあります。こうなると匂いや汚れで生活に支障が出...
犬の骨折
 この記事のポイント 骨折は放置すると危険 骨折の可能性がある場合、レントゲン検査は必須 ユニベッツ福岡は骨折の治療実績を数多く持つ 犬の骨折の症状、治療法 ペットの骨折は主に交通事故や落下事故で起こります。また、扉で挟んでしまった、家具の下敷きになった、踏みつけてしまった、などのアクシデントで骨折することが多いです。 どんな動物でも、骨に強い力が加わると骨折しますが、動物病院でもっとも多い骨折は、トイプードルの落下事故です。 トイプードルやポメラニアンの前肢は細くて長く、ソファ程度の高さから飛び降りただけで骨折してしまうくらい骨折...
猫の嘔吐
 この記事のポイント 吐いたものが、赤や茶色だったら危険 嘔吐のあと、様子がいつもと違ったら注意 繰り返し吐くようだったら、病気や異物誤飲の可能性あり 猫の嘔吐の原因、症状、治療法 二足歩行の人間は、直立している状態だと、口から食道、胃が地面に対して垂直です。一方、四足歩行の動物たちは直立するとこれが真横に近い角度になっています。人間に比べると猫は吐きやすい構造になっていることがわかります。長毛種の猫では、胃にたまった毛玉を吐き出すのは日常的な行為です。 ですが、吐出や嘔吐には重大な病気が隠されていることがしばしばあります。吐いて...
猫の去勢
 この記事のポイント 手術は1泊2日、2日目の朝に退院 去勢後は太りやすいので注意 去勢手術費用の目安 手術って怖い!? 手術、と聞くと怖い、痛い、という印象を持たれているかと思います。ユニベッツでは可能な限り痛みを小さく出来る方法や、麻酔をかける時間を可能な限りに短くする方法を選択し、動物に与える痛みや苦しみを小さくする努力を日々研鑚しています。痛みや苦しみを小さくすることを医療用語では「低侵襲医療」と呼び、ユニベッツにおける医療方針の大きな柱のひとつとなっています。 去勢手術そのものにかかる時間は5分~15分ほどです。手術...
犬の嘔吐
 この記事のポイント 吐いたものが、赤や茶色だったら危険 嘔吐のあと、様子がいつもと違ったら注意 繰り返し吐くようだったら、病気や異物誤飲の可能性あり 犬の嘔吐の原因、症状、治療法 二足歩行の人間は、直立している状態だと、口から食道、胃が地面に対して垂直です。一方、四足歩行の動物たちは直立するとこれが真横に近い角度になっています。人間に比べると犬は吐きやすい構造になっていることがわかります。野生下での母犬は、食べ物を吐き戻して子犬に分け与えたりします。 ですが、吐出や嘔吐には重大な病気が隠されていることがしばしばあります。吐いてい...
猫の避妊手術
 この記事のポイント 避妊によって予防できる病気がある 手術は1泊2日、2日目の朝に退院 避妊後は太りやすいので注意 避妊手術費用の目安 手術って怖い!? 手術、と聞くと怖い、痛い、という印象を持たれているかと思います。ユニベッツでは可能な限り痛みを小さく出来る方法や、麻酔をかける時間を可能な限りに短くする方法を選択し、動物に与える痛みや苦しみを小さくする努力を日々研鑚しています。痛みや苦しみを小さくすることを医療用語では「低侵襲医療」と呼び、ユニベッツにおける医療方針の大きな柱のひとつとなっています。 避妊手術そのものに...

ペットは心をあたためる、地域にもっと明るい笑顔

各手術・入院・治療・ペットホテル・シャンプー&美容

© 2017 動物総合病院 ユニベッツ福岡 UniVet Japan.    Powered by Motocle