会陰ヘルニア

の症例

 症状

1年前より肛門左右下側が大きく盛り上がっていた。 来院3日前より排便排尿ができなくなり、元気消失、嘔吐。 長期間にわたるヘルニアのため手術は高リスクであった。

去勢手術も併せて実施。手術にて腸が正常であることを確認、腸管を固定し、 生体適合性メッシュを用いて左右ともに整復。

年齢:13歳

性別:♂ 未去勢

 

診断名:両側性会陰ヘルニア

手術例:2019/10月上旬手術

 

 

 予後

術後、疼痛緩和・治癒促進目的で半導体レーザー照射。経過よく、16日後に抜糸。現在は完治。

 

 

ペットの病気や健康に関すること、お急ぎのご質問・治療費に関するご質問はお電話で承ります。お気軽にご相談ください。

092-595-1141

受付時間:平日9:00-19:00

 

 

ペットは心をあたためる、地域にもっと明るい笑顔

各手術・入院・治療・ペットホテル・シャンプー&美容

© 2020 動物総合病院 ユニベッツ福岡 UniVet Japan.    Powered by Motocle