お知らせ

2018年8月11日

お盆期間中の診療時間について

8月13日~8月15日はお盆休みとして、終日休診日といたします。16日以降は通常通りの診療といたします。急患の場合には、事前にお電話にてご連絡いただきたいと存じますが、人員や機材等が不足しておりますので、必要な処置がすべて行えない可能性があることを、あらかじめご了承ください。


2018年7月11日

【重要】予告・診療時間変更のおしらせ

2018年10月1日より、診療時間が変更となります。週末のお休みに来院しやすいように、毎週日曜日を診療日といたします。

【変更前】
平日・土曜:9:00~12:30、15:30~19:00
木曜日:9:00~12:30、午後休診

第1、3日曜日:終日休診
第2、4、5日曜日:10:00~13:00、午後休診

祝日:10:00~12:30、15:30~19:00
(日曜日を除く)

【変更後】
日曜日:9:00~12:30、午後休診
平日・土曜:9:00~12:30、15:30~19:00
木曜日:終日休診

祝日:9:00~12:30、午後休診
(日曜、木曜を除く)

飼主様にはご迷惑おかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。今後とも飼主様が利用しやすい動物病院を目指してまいります。


2018年6月15日

生化学検査の診療報酬値上げのおしらせ

血液検査のうち「生化学検査」の検査費用が、値上げされたため、2018年7月1日より診療報酬の改定をいたします。

ペットのご家族方には大変なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申しあげます。

なお、検査機器によって定められた金額が異なります。患者さんの状態によって、必要な検査や料金が異なってまいりますので、詳しいことにつきましては、担当獣医師にご確認いただきますよう、お願いいたします。


2018年4月30日

熱中症にご注意ください

ゴールデンウィークを迎え、爽やかな陽気が続き、おでかけされる機会も多いかと思います。実は、真夏よりもペットたちの熱中症がもっとも多くなる季節だとご存知でしょうか。

駐車した車中にペットを入れたままにしない、日中はお部屋の風通しをよくするか冷房をつ ける、日中の暑い時間帯の散歩を避ける、などの対策が必須です。
ドッグランなど激しい運動をさせる場合には、十分な水分補給と日陰での休憩をとるようにしてください。

熱中症は命にかかわります。呼吸が荒い、体温が異常に高い、よだれが沢山出る、などあればすぐに病院に連れてきてください。


2018年3月31日

平成30年度狂犬病予防注射のおしらせ

ユニベッツ福岡での、平成30年度の狂犬病予防注射が4月2日から開始されます。特定の市・町にお住まいの方は、当院にて登録・済票交付が可能です。

※生後91日以上の犬には一生に一回の登録と、年1回の狂犬病予防注射の接種が義務づけられています。

【交付可能自治体】
大野城市・太宰府市・春日市・筑紫野市・那珂川町
以上の市町にお住まいの方のワンちゃんは、当院にて登録可能です。2年目以降の接種の場合は、お住まいの市町から送られてくる「狂犬病予防接種のおしらせ(自治体によって表記は異なります)」をご持参ください。初めて接種・登録される場合には、何も必要ありません。

他市区町村にお住まいの場合も、狂犬病ワクチンの接種は可能です。狂犬病予防注射証明書を発行いたしますので、お住まいの役所に届け出て、登録されてください。


2018年3月31日

新任獣医師・滝下翔馬の着任のおしらせ

平成30年4月2日より滝下翔馬獣医師が研修医として、動物総合病院ユニベッツ福岡に着任いたします。飼主様、関係各位につきましては、今後ともよろしくお願いいたします。


2018年3月31日

フィラリア注射【プロハート】予約開始

1年に1回注射するだけで、12カ月間フィラリア予防効果が続く「プロハート12」の2018年接種分の予約を開始いたしました。一定数の予約数が入った段階で接種を開始いたします。接種頭数に制限がありますので、希望される方はお早めのご予約をお願いいたします。

お申し込みは受付、もしくはお電話にて承ります。健康な成犬にのみを対象としておりますので、子犬や老齢犬には接種できません。適切な予防薬を選定いたしますので、お気軽にご相談ください。


2018年3月24日

フィラリア予防を始めましょう!

お彼岸を迎えて、徐々に暖かい日が増えてきました。1日の気温が14度を超えてくると、フィラリアを媒介する蚊が発生し始めます。
フィラリア予防を始める季節になってまいりました。

フィラリアは蚊の唾液の中に潜んでおり、吸血されることで犬の体内に侵入してきます。
体内に侵入したフィラリアは脱皮を繰り返しながら成長します。フィラリア予防薬が効果を発揮するのは、L4という段階のフィラリア幼虫です。L4の成長段階にあるのは、体内に侵入してから約1か月の間です。ですので、毎月同じ日に予防薬を飲むのが、一番良い予防方法です。

フィラリア予防薬を処方するには、去年1年間できちんと予防ができているかの血液検査が必要です。

フィラリア検査の採血の際に、年に1回の健康診断もおすすめしております。5月末までは「春の健康診断キャンペーン」として、通常よりもお安い診療報酬で承ります。詳しくはお問い合わせください。


ペットは心をあたためる、地域にもっと明るい笑顔

各手術・入院・治療・ペットホテル・シャンプー&美容

© 2018 動物総合病院 ユニベッツ福岡 UniVet Japan.    Powered by Motocle