お知らせ

2017年11月21日

【 再生医療 】最新症例の動画を更新!

【 再生医療 】最新症例の動画を更新しました。
脂肪幹細胞療法(ADSC療法)の最新症例の動画はこちらからご覧ください。


2017年11月17日

今年最後のフィラリア予防をお忘れなく

蚊は気温が14度以下になると吸血しなくなります。ですが、蚊がいなくなったからといって、フィラリア予防を止めてしまうと、危険です。

フィラリア予防薬は、蚊に吸血され侵入したミクロフィラリアの段階で駆除することで、感染を予防します。犬の体内に侵入してから、予防薬が効果を発揮できる有効な期間は30日です。予防薬を毎月同じ日に投与をお願いしているのはこのためです。

例年であれば11月末に平均気温・最高気温が14度を下回りますので、12月が今年最後の予防日となります。お忘れなくフィラリア予防いただくことをお願いいたします。


2017年10月10日

肌寒い日には、関節に要注意

秋になり、朝夕に冷え込むことが多くなってきました。寒くなってくると、ヒザや椎間板などの関節を痛めやすくなります。
朝の散歩などで急に外に飛び出すと、関節や筋肉・靭帯などを痛めることもありますので、十分にウォーミングアップしてから出かけるようにしましょう。

高齢になってきての関節のケアは、犬でも人間とほとんど変わりません。ご心配な方は犬用で有効なサプリメントやフードなどもございますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。


2017年8月18日

マダニの予防について

2017年7月25日のニュースで、野良猫に噛まれて「マダニ」が媒介する「SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」に感染し、女性が死亡した、と厚生労働省から発表されました。これまでマダニからヒト、もしくは哺乳類に感染するとされていましたが、動物からヒトに感染する報告はこれが初めてです。

ユニベッツ福岡では、犬猫問わない従来以上のマダニ予防に注力をする一環として、ペットホテル・入院でお預かりする際に、マダニ予防の有無を確認させていただきます。
最後にマダニ予防薬を使用された日と、どの薬剤を使用されたかをお伺いいたします。もしご不明の場合、または当院で有効性が確認できない商品の場合、もしくは予防されていない場合、改めて当院の予防薬を使用させていただく事があることを、あらかじめご了承のほどよろしくお願いいたします。


2017年6月28日

ペットの食中毒にご注意を。

梅雨入りしてジメジメとした日が続いていますが、こういう季節は食中毒に注意してください。カビや細菌が繁殖しやすくなっているため、フードを常温保存していると食中毒になることがあります。
いつもより小さい袋にする、冷蔵保存しておく、などの工夫が必要です。

嘔吐や下痢、元気がない様子など見られれば、すぐに病院に連れてきてください。


2017年5月19日

熱中症にご注意!

爽やかで晴れ晴れとした初夏ですが、実は真夏よりもペットたちの熱中症がもっとも多くなる季節です。 駐車した車中にペットを入れたままにしない、日中はお部屋の風通しをよくするか冷房をつ ける、日中の暑い時間帯の散歩を避ける、などの対策が必須です。 熱中症は命にかかわります。 呼吸が荒い、体温が異常に高い、よだれが沢山出る、などあればすぐに病院に連れてきてください。


2017年4月3日

狂犬病予防接種のおしらせ

平成29年度の狂犬病予防接種が本日より始まります。 ユニベッツ福岡でも狂犬病ワクチンの接種をいたします。 以下の市町にお住いの方は、当院にて犬の登録を代行できます。 2年目以降の接種の場合は、自治体の環境課等から送られる「狂犬病予防接種のおしらせ」(自治体によって表記は異なります)を お持ちください。 大野城市/太宰府市/春日市/筑紫野市/那珂川町


2017年4月3日

犬用9種混合ワクチンについて

犬9種混合ワクチンがメーカーの諸事情により、一時製造中止となっております。 したがいまして、混合ワクチンを接種される方は、当院の9種混合ワクチンの在庫が尽きたのちには、 6種混合ワクチンに変更いただくか、製造再開までお待ちいただく必要がございます。 大変ご迷惑をおかけしますが、何とぞご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。


ペットは心をあたためる、地域にもっと明るい笑顔

各手術・入院・治療・ペットホテル・シャンプー&美容

© 2017 動物総合病院 ユニベッツ福岡 UniVet Japan.    Powered by Motocle