ユニベッツの経営理念

「あたたかい家庭をつくる」

動物は家庭に笑顔をもたらします。また、その独特の習性や愛くるしいしぐさは私たちに常に話題を提供し、その体は小さくとも家庭の大きな潤滑油の役割を果たします。このように、核家族化や家族内のコミニケーション不足が社会問題となる中、動物から与えられる笑顔や温かさはかけがえのないものでしょう。

 ユニベッツの理念は、伴侶動物を元気にし、人や家庭を元気にすることで地域や社会はより一層元気になる、という信念を軸にしています。この理念は私たちの業界が現代社会に貢献できる大きな可能性であり、私たちの日々の大きなモチベーションとなっています。


教育方針

1.楽しく働く

  • 楽しく働けることを基本としています。
  • 個人のやる気や興味を最大限に応援し、やりがいのある仕事環境を提供できます。
  • マナー、倫理、道徳などのヒューマンスキル向上に努めます。

2.能力開発

  • 個々の持つ特性を重視し、意欲と持ち味を生かします。
  • 外科や内科、画像診断など臨床系技術の教育プログラムが充実。
  • 飼い主様とのコミニュケーション力の向上を目指します。

3.安心キャリアプラン

  • 開業医を志望する方にはビジネスやマネージメントを指導します。
  • 勤務医を志望する方には安心できる雇用形態を完備しています。
  • 症例数の多い病院だからこそ、ハイレベルの経験値が積めます。

ユニベッツ福岡の得意分野

動物総合病院 ユニベッツ福岡への来院総数は毎年3万件以上です。
犬、猫、鳥、エキゾチックの様々な症例に対応できる九州や福岡でも有数の動物病院です。

腹腔鏡下手術 300症例以上

腹腔鏡手術は外科技術の高い病院、人の病院では積極的に行われています。痛みが圧倒的に軽減できるので飼い主様にも非常に喜んでいただける外科技術です。当院は九州で初めて腹腔鏡手術を導入した動物病院で、現在では300症例以上の腹腔鏡手術を行い、九州では最も症例数の多い病院です。

外科手術が強い ー 整形手術や開胸手術の成功率が極めて高い ー

整形外科手術はプレート固定はもちろん、特に前肢、小型犬の創外固定(イリザロフ)や前十字断裂症例、椎間板ヘルニア症例を得意としています。
また、循環器外科や呼吸器外科症例にも対応でき、開胸手術で高い成功率を修めています。軟部外科もあらゆる症例に対応できます。

学び続ける姿勢

海外の主要セミナーに毎年1ー2回は参加しているので、最新の学術動向や治療技術を学ぶこともできます。
獣医専門通訳者でもある副院長は、現在日本国内で開催される獣医師国際セミナーや海外で開催される獣医師国際セミナーにて通訳としても活動しています。

整った病院設備

入院設備には通常の入院室とは別に、完全個室入院室を完備しています。感染症例の入院にも対応でき、感染症治療にも力を入れています。

充実した教育プラン

当院の教育方針として、個々の持つ特性を生かした獣医師の育成を目指します。 やる気のある方には徹底的にそのモチベーションをサポートします。また、行った仕事に対してきちんと評価することをモットーとしています。


各手術・入院・治療・ペットホテル・シャンプー&美容

© 2021 動物総合病院 ユニベッツ福岡 UniVet Japan.    Powered by Motocle